一人暮らし 費用を紛失する失敗

やべぇ。「何が?」一人暮らし 費用さ。「どーゆー意味?」落した。「あ?」言葉通りさ、さっき全額...、っても今月分だけ、銀行から引き出す。

「ふむ。で?」帰り道、何処かで不意に盗まれ...。「え、盗まれたの?」多分。「どっち?」電車の中、居眠りをした覚えが...。

「ふむ。その際に?」恐らく。「曖昧な...」一人暮らし 費用が消えた!「幾ら携帯見ようと、警察から電話とかねーわよ。札束に電話番号でも書いてあった訳?」そりゃ...。

「気持ち分るけどさぁ、じゃあ何で探さん訳?一人暮らし 費用っしょ?こんなとこでくつろがず、早う探し行かねば」無駄さ。

「へ?」どーせ誰かが拾い、自分の物に。「そう結論づけた訳?」一人暮らし 費用だぜ?「うん」結構大金。「当然」普通、届ける?交番に。

「けど、遺失物を自分の物にするのは、犯罪行為よ」バレやせんわ。「うーむ、どーでもいー気分。

「え?」やっぱ、全部忘れよう。現実逃避すれば、自責心も収まる。「最悪じゃんか」

何よりも幸せの象徴

クリスマスケーキの予約を、12月23日にしておいた。日にち的には少し早いけど、休みの日にゆっくり食べ飲みする方が、私も旦那もくつろげる。

歳を取れば取るほど、正確な記念日にはこだわりません。ケーキをデパートに取りに行かないといけないので、混む前にと思い開店前から並んだ。

旦那にもエレベーターの場所を教え、開店直後に他の客と一緒に小走りで、エレベーターへ乗り込み、受け渡し場所の9階へGO。

さすが祝日。乗り込んだ全員が、ケーキを取りに来た人たちだった。クリスマスが来るたび、何となく昔から思っている事がある。

それはクリスマスにホールケーキを持って歩く人々の姿は、何よりも幸せの象徴に見える。

私は実家へプレゼント分もあり、旦那と私と1つずつ手に持って歩いた。私たちも幸せそうに見えるかな?

晩御飯のタイミングも忘れる

めずらしくランチに、ガッツリお米を食べたから、夜は軽く済ませるつもりだった。昨日は帰宅後、風呂→家事→風呂→洗濯→家事という風に、精力的に動き回った。

あまりにバタバタしすぎたせいで、晩御飯のタイミングも忘れ、気付けばもう22時。そろそろ寝ようかなと思ったところに、旦那から帰るコールが。

「帰りにコンビニ寄るけど、何かいる?」って聞かれた瞬間、お腹が空いた(笑)

特に食べたい者があるワケじゃないけど、普段コンビニに行かないし、何かこの時間って妙に、ジャンクなものが欲しい衝動が...。

左手にスマホ、右手にタブレットで、セブンのHPを検索。最終的に選んだやつは、ミートソースパスタとフランクフルト、そんでビール。

不思議な事に、翌日胸やけは無かったけど、ポッコリしたお腹が。やっぱり、遅くに食べちゃダメだよね。